幼児ポピーの評判をママさんに聞いてみた!

我が家では下の子が幼稚園の頃に「幼児ポピー」を始めました。

上の子が生後6ヶ月くらいから別の教材をしていたのですが、毎月の絵本、DVD、知育玩具が中心のため、下の子用に新たに契約しなくても上の子の教材で充分楽しめていました。

しかし、上の子が幼稚園に入るころになると、その教材も小学校入学を意識して「書く」ことが重視されてきて、一度書きこんだら終わりというものが増えてきました。

そのため、下の子が引き継いでできるものが少なくなってきたため「幼児ポピー」で「書く」部分を補うつもりで始めることにしました。

「幼児ポピー」をして良かったことは、書いたりシールを貼ったりなどの作業がたくさんあるため、子供がとても喜んでいたことです。

自分専用の自分だけができるワークをとても気に入ってくれました。線引きや間違い探しなど、楽しみながら進められますし、1日1ページというふうに気負わず目標を立てられるのが良かったです。

また、価格面についても上の子がやっていた教材と比べてゴチャゴチャとしたものがない分安価だったので、親としても経済的にとても助かりました。

成長した点は、毎日少しずつ机に向かう習慣が身についたことです。

そして勉強は苦痛なものではなく楽しいものなのだという感覚が子供についたことです。

また、書くワークだけではなくちょっとした工作付録やミニ新聞などの教材もついていたので、そういった教材を自分からやってみようとするやる気が生まれたのが成長した点だと思います。

続きを読む

小学ポピーの評判を知りたいならコチラ

子どもが二人おり、5年生男子、3年生男子の母親です。

我が家では去年の夏から小学ポピーを始めました。

実はそれ以前は何年も他の家庭学習教材を使い、家庭での勉強と、テストの添削指導を受けていました。

以前使っていたものは問題数が多く、少し難しい問題も入っていましたので、ごくごく一般的な学力の息子たちが一人で取り組むには難しいなと感じるようになりました。

また、学校の教科書には沿っていないので、私がつきっきりで教えながら取り組むことになります。

小学ポピーはまわりのママさんたちの評判も良く、子どもの学校の教科書に沿って、同じペースで取り掛かれるので子どもが一人で学習する上でも抵抗なく続けられます。

もちろん、私も一緒に勉強を見てあげたり、丸付けをしたりと親も一緒に取り組むことが大事なのですが、学校の授業の復習、といった点に力を入れているので子どももある程度理解できます。

ただ、練習問題が少ないように感じます。

子どもは繰り返し繰り返し同じような問題を解くことで勉強内容が定着していくので、ポピーだけでは少し物足りなさは感じます。

我が家では、子どもが苦手な部分は他のドリルなどでも補ったり、私が少し数字を変えて似たような問題を作ったりしながら問題数を多くこなすようにしています。

応用問題も少しはありますが、基本問題が多いので、子どもたちも「まずは自分で解いてみる」というのが当たり前になり自らすすんでポピーに取り組むようになったと思います。

続きを読む

月刊ポピーってどうかな?と思っているならコチラをチェック!

我が家では兄弟とも月刊ポピーにお世話になっています。

ポピーを始める前は別の教材をとっていましたが、カラフルでイラストが多く、かえって気が散って我が子は集中できない様子でした。

そこで、お友達がやっているポピーを見せてもらったところ、とてもシンプルで問題の量もちょうどいいかんじでしたので、始めることにしました。

ポピーは教科書にぴったり合っている教材なので、子供たちも「あ!これ今日学校で勉強したところだ」とすぐにポピーに馴染むことができました。

そして、問題の量も適量で無理なく毎日こなすことができたので、子供たちにとって自信に繋がったようです。

また、届けてくれる方がとても親切で、教材の使い方や勉強についての相談にも乗っていただいています。

教育の最新情報もいろいろ教えていただけるので本当に心強い存在です。

ポピーをはじめて5年経ちましたが、子供たちはこれからも続けたいと言っています。ポピーをやっていれば勉強についていけるという安心感があるようです。

また、親にとっても一つのものを長く続けてくれることは嬉しいことです。

そして、もう一つ嬉しいのはポピーは価格も良心的なことです。

これからもポピーでしっかり基礎学力をつけていってほしいと思います。

続きを読む

小学ポピーをはじめたママの口コミはこちら

娘が小学校1年生の10月に小学ポピーをはじめました。

入学した頃から、どこかのタイミングで学校授業のフォローをするような教材を使わせるように考えていました。

2学期になった頃から、教科書や宿題を見せてもらうと急に難しくなってきたように思い、実際に娘と話していても理解不足な点があるなと感じるようになってきて、今が始めどきだと思ったのです。

いくつか通信教育の教材を検討して、添削を家ですぐにしてあげられる、付録など少なくシンプルな構成で価格が抑えられてる、この2点が気に入って小学ポピーに決めました。

私が子供の頃にしていたということもあって、安心してはじめることができました。

月刊ポピーは学校名を確認されて、使用している教科書にあわせたテキストが届くのがとても良いところです。

授業の内容にあっているから、まだ勉強の習慣がついていない1年生でも、興味を持って取り組み、自然と復習する習慣がついてきていると思います。

ごほうびのシールを貼るシステムがすごく励みになっているようです。

開始のころは、私のほうが懐かしくて張り切っていたのですが、今では学校の宿題の次に、自分から進んでポピーをして、丸付けをしてくれと言ってくるようになっています。

今は復習として使っていますが、これから学年が上がっていくにつれ、予習に使ったり、自分で添削するようにしたり、と使い方もレベルアップしていくようになってほしいと思います。

続きを読む

4歳の娘が幼児ポピーのポピっこをしているママの口コミ

4歳の娘が幼児ポピーのポピっこをやっています。

やろうと思ったきっかけは娘の姉が他の通信教育をやっているのを見て4歳の娘もやりたいと言い出した事がきっかけです。

娘は飽きやすいのでお手頃な価格で出来るもの、そして付録がついていないものという中で合っていたのがポピっこでした。

娘が幼稚園からもらってくるフリーペーパーに資料請求のはがきがあり、資料請求をして、試しにやってみたところ楽しくやっていたので決めました。
娘は年少なのですが年中用のあかどりでやっています。

これはポピーの方からのアドバイスでそうしました。

娘が4歳になっている事とひらがなが読めるという事から年中用をおすすめされました。

個人に合ったものを教えてくれるのはとても親切で嬉しかったです。

内容はシールを貼ったり、間違い探しをしたり、迷路をしたり、ひらがなを書く練習をしたりととても楽しくやっています。

勉強をしているというよりは遊びの延長で出来るので飽きやすい娘も飽きずに楽しんでいます。

机に向かって勉強をするという習慣がついてきてとてもありがたいです。

また金額も980円と安く、付録もついていないので続けやすいのも嬉しいところです。

毎月届くのを楽しみにしています。

続きを読む